細長い針でお肌の気に触る部分に注入

注入したヒアルロン酸は、体内に有るヒアルロン酸と結合します。


赤ちゃんの肌がプルプルなのは、ヒアルロン酸がたっぷり含まれているから。


たとえると眉間にできてしまいましたとしてましたとしていました深旨シワや、口の脇の溝(鼻唇溝)。


ヒアルロン酸は人体にとりまして異物ででではなくなりましてしまいましてしまったので、アレルギー反応もほとんど起こりません。


現在、注入剤として開発されているヒアルロン酸は、サラサラじゃなく粘性のあるゲル状で、形を保つ性質(架橋性)に優れているのです。


これら老け顔の原因を、お買い物の途中やお勤め帰りに5〜10分の施術で解消することができます。


これを細長い針でお肌の気に触る部分に注入すると、皮膚の内側からふっくらとハリを持たせ、しばらくそのままの形をキープできるのです。


さらに体内に元からある自分自身のヒアルロン酸と融合して皮膚にふくらみを持たせることができてくるので、シワを改善させるだけでなく、鼻筋を通しましましましたり、あごのラインを理想の形に近寄れる、要するにプチ整形にも合っていますのです。


ところが加齢いっしょに体内のヒアルロン酸は一言ずつ減少し、シワや関節痛を悪化させる原因の一つになりましてくるのでしょう。


折角40代後半からその量は激減し、自然に元に戻ることがないです。